フェルメール

2011.08.25

現在、豊田市美術館で開催中の・・・・フェルメール《地質学者》とオランダ・フランドル絵画展。

フェルメールの作品はフランクフルトのシュテーデル美術館より 《地質学者》 1作品のみの展示で

した。

フェルメール作品で男性の単身像は2点しか無いそうです。その1点になります。ちなみに

もう一つは 《天文学者》。 これはパリのルーブル美術館所蔵です。

今回始めてフェルメールの作品を見て大変驚きました。パンフレットなどの写真に比べると実物は

全体に相当暗いです。

展示してある他の作家の絵画も同じ様に暗く、この時代・オランダ絵画の特徴ですね。

しかし、その暗さがとても良いです。光と影・明と暗・・・引き込まれる絵です。

暗い室内に窓から差し込む光の効果はすごいですね。透明で静かで穏やかで・・・・あの空気感

は不思議でした。

フェルメールの作品は世界に30点程しか残されていません。                       

豊田市美術館の他に現在日本では、京都市美術館で3作品が展示されています

「手紙を読む青衣の女」・「手紙を書く女」・「手紙を書く女と召使い」です。

これだけの作品が同時に見られる事は珍しいです。

近いうちに行きたいと思っています。

※しかし。。。。豊田市美術館は何度見ても良いですね。

八ヶ岳:2

2011.08.24

ちょっと、懐かしいのですが・・・・八ヶ岳美術館・・・・です。

1980年に村立美術館として開館。   設計、村野籐吾。

現在、日本建築家協会25年賞受賞記念 特別企画展・・・・村野籐吾の世界・・・が開催中です。

模型・設計図などが展示してあります。

次は、小海町高原美術館です。

1997年に松原湖高原に建設された美術館です。

設計、安藤忠雄氏。

現在、鈴木玄太グラス展を開催しています。

「空気のかたち」・「のっぽ」・「花形カット鉢」・「モザイク」など透明性と繊細な造形に感動します。

特に大規模な作品「空気の形」は不思議な世界を感じました。とても良いです。

八ヶ岳:1

2011.08.23

八ヶ岳に行ってきました。

まず、清春芸術村です。ここは1980年初頭に芸術家の育成の場所として建設され、敷地内には

いくつかの建物が建っています。

今回の目的は、今年の4月に完成した・・・・光の美術館クラーベ・ギャルリー・・・・・です。

この建物は清春芸術村開村30周年を記念して建設された美術館です。

設計は、安藤忠雄氏で、自然光のみで作品を鑑賞するようになっています。

展示は・・・・アントニオ・クラーベ・・・・・の作品です。

この他に芸術村にある建物紹介です。

中心は清春白樺美術館です。1983年に完成した、谷口吉生氏設計の美術館。

常設は白樺派の画家、梅原龍三郎、中川一政などと、ジョルジョ・ルオーの作品です。

今回、訪れた時には。。。東山魁夷の展示が有りました。

知らなかったのですが、バナード・リーチの作品がほんの少しだけ展示されていて

ちょっと嬉しかったです。

次は、ルオー礼拝堂。

ジョルジョ・ルオーを記念して建設された礼拝堂です。

設計は、清春白樺美術館と同じく、谷口吉生氏。

『光の美術館』の横にあるので、作品を同時に見ることが出来、面白いです。

どちらも良い建物ですが、私はルオー礼拝堂の方に惹かれました。

実は、同時にもう一つ有名建築家の作品を見ることが出来ます。

茶室 徹(てつ)です。

哲学者の谷川徹三を記念して建設された茶室です。設計は藤森照信氏。

これはあまりに有名。

他にも、梅原龍三郎アトリエ(設計は吉田五十八)や白樺図書館や冬青庵などがあります。

中心にはラ・リューシュ(集合アトリエ)があります。

八ヶ岳:2に続きます。

今伊勢の家  地鎮祭

2011.08.22

先日、『今伊勢の家』 の地鎮祭がありました。

とても暑い日でしたが、やはり気が引きしまります。

来年、春の完成にむかって工事が始まります。

Sさん・・・・いろいろな事が有り、時間も掛かりましたがようやく着工できました。

今後ともよろしくお願いします。

打ち合わせ用パース

2011.08.15

現在、実施設計中の住宅、施主との 打ち合わせ用に描いたパースです。

図面も必要ですが、やはり内部の空間表現はパース(透視図)が一番理解していただけますね。

実は、自分にとっての確認用にもなっていますが。

いろいろな方向から描くとそれまで 気づかなかった良くない部分が見えてくるので、出来るだけ描くようにしています。

もちろん全て自分で描きます。

設計事務所ですからね。

東郷の家 竣工写真

2011.08.11

昨日、東郷の家の竣工写真撮影が有りました。

カメラマンはいつもの山口さんです。

事務所を開設して以来、ほとんどの住宅はお願いしています。

しかし、最近は一眼のデジカメになりましたね。時代ですか。

高性能なカメラがどんどん発売されて、誰でもそれなりに良い写真が撮れますからね。

撮影中は山口さんの邪魔をしないように施主のKさんといろいろと今までの話をしていました。

以前住まれていた住宅(マンションの10階)と完成した住宅の窓からの景色について・・・・・・

同じように緑は見えるのですが、見え方が全く違います。

以前のマンションからの景色は

完成した住宅からの景色は

さて、どちらが良いのか?

建築家 白井晟一

2011.07.29

事務所へは、ほとんど毎日『徒歩』で行き帰りをしている。運動不足の解消とダイエット。

毎日同じ道を通ると飽きるので、出来るだけ違うルートにしている。仕事柄やはり建物を

見ながら歩いている。ちょっと気になる建物があると立ち止まって見たりもする。

先日、ある建物の前を歩いていると玄関から住人が出てきた。実はこの住宅は私が20代後半に

勤めていた事務所の上司が設計した建物で、完成時には内部を全て見させてもらい大変勉強

になった記憶がよみがえった。住人の方はそのまま車で出ていきましたが、私は少しの間その

建物を見ていました。

レンガタイル張りのその住宅は20年近くたった今もそこで輝いていました。

Nさん・・・私もこんな住宅が設計したいです。

昔は良く分からなかった事が、今は何か少し感じる事が出来た様に思います。

設計をした上司の人は、私が尊敬出来る数少ない建築家でしたが、

若くして亡くなりました。その方からは本当に様々な事を教えていただきました。

その方が好きな建築家が・・・・白井晟一・磯崎新・・・・でした。

次の日に事務所で久しぶりにその建築家の本を開きました。

もっともっと良い住宅を設計しないと・・・・・・改めて思いました。

ありがとうございました。

 

東郷の家 完成・引渡し

2011.07.16

『東郷の家』の完成・引渡しが有りました。

2010年11月 3日に着工して約8ヶ月かかりました。

工事途中で震災が有り、ある機器の納入に影響も有りましたが、本日無事に引き渡す事が出来ま

した。

コンクリート造の住宅が多い私の事務所では、これくらいの工期は通常ですが、今回の建物は

平屋建てですので本来、もう少し早く出来ます。しかし木造住宅のようにはいきませんが・・・。

竣工写真が出来ましたら、WORKSにUPします。

その前に少しだけ・・・・。

Kさん・・・これからもよろしくお願いします。

アールの壁

2011.06.29

住宅の内部・外部に関わらず、アールの壁を使うことは今までほとんどなかった。

アールの壁を使う決定的な理由がなかったからである。

アールの壁は直線の壁に比べて価格も高いし、施工も難しくなる為に、単なる意匠として使うには

どうかと思うし、また [品良く] 使うのはすごく難しい。

今回、どうしても機能として必要になり内部の壁に一ヶ所だけ採用した。

壁の塗装仕上げを綺麗にする為にやはり一番気を使ったのは下地。

鉄筋コンクリート造の住宅ですから、型枠の加工に慣れた建設業者さんが施工しているので

ベニアの加工はお手のもの。・・・・当然、特注ですが。

アールの壁仕上げの写真。

東郷の家 現場:2

2011.06.27

昨日 『東郷の家』 建主さんとの打ち合わせが有りました。

震災の影響を受けた機器もようやく入る事になり、工事も再度スタートする事が出来ました。

完成・引渡しの日も決まり、現在は最後の追い込みです。

昨日は天気も良く、工事中の住宅で打ち合わせをしていると、いろいろな鳥がリビングの

前を飛んでいきました。

最後には、野生の【キジ】が住宅前の空き地を歩いていました。

現場はそんなに田舎じゃ無いですけどね?

現場の前の空き地・畑です。キジが・・・・・。